たなさんの絵手紙ブログ

(旧:たなくんのきまぐれ絵手紙ブログ)

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

松江のシジミ

bl-pere.jpg


アサドラで宍道湖のシジミは大きいと言っていたので、
期待していたが、ホテルのみそ汁のシジミは小さかった.

ところで、前夜祭の昼、松江駅から県立美術館へ行き、
湖畔をスケッチしながら宍道湖温泉駅まで歩いた時に
見つからなかった貝取舟が、翌日朝食前に湖畔に出て
みると沢山出ていた.

 その中で一艘だけ、夫婦らしき二人で活動している舟が
あり、後ろの方にいる奥さんらしき方は、取った貝を網の
筒のようなものに投げ入れてぐるぐる回していた.
旦那さんの取った貝をその場で洗浄しているのか、
珍しい光景であった.
関連記事

COMMENT▼

こんばんは
シジミをちゃんと、見てこられたのですね。画像にも納め、素敵です。
堪能された事でしょう。
いいなあ~~!

今晩は、たぶん、カメラの目だから映るのでしょうね。
カメラの視力が時折欲しくなります。
こんなお二人を描いてみたいなあ。

MITIさんは急ぎ旅だったのですね。
私は湖畔のホテルをとったので、
お城にも近いし、いつでも宍道湖に
出て眺められました。

メグさん、岸から近いし、橋の上からも見えましたよ。
ただ、操作している器械の中身までは判別できませんでした。
メグさんのように上手ではないけど、状況は描きなぐってきました。

しじみ さすがに 日本一の生産量の
宍道湖ですね。

ま~ とっても いい 風景ですね

わが県にも 蜆のとれるところが あります

日本では 4位か5位だったかな?

このような 船が みられますよ
そう ぼうのさきには 
金属の 檻?のような 箱が ついています

重労働なんでしょうね。

私は 駅の近くのホテルだったので
あらら 宍道湖を まともに
見ていませんでした(笑)

りんごさんところも舟ですか、いい風景でしょうね。
昔、うちの近くでは干潮の頃に、胸までの胴長靴(?)を履いた
業者さんたちが直接入って長い棒の付いた網で取っていました。
私も小さい頃取りに行き、青ノリなども取ってきましたが、
今は川が汚れてダメになってしまいました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |