たなさんの絵手紙ブログ

(旧:たなくんのきまぐれ絵手紙ブログ)

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

寒い年末

トナカイ 
 いよいよ今年もおしまいが近づいてきました.
 全国的に寒波も襲来
 忙しい年末だが、無理は禁物.
 不要不急のことは暖かい日にしよう.
 体調をこわしては何もならないから.

墨彩画

墨彩画1 
 教育TVのあなたもアーティスト”水墨画を楽しもう
 が今晩で終了したので、試しに遊んでみた.

 少し薄い色を入れて墨彩画風にしてみたが楽しく、
 面白い.
 今度は大きい画仙紙に描いてみたい.


うさぎの和紙人形

うさ人形
 今年も残り2週間.
 この時期、絵手紙人はX'mas とに関心が高い.
 さすがに年末.
 
 昨日、卵の殻でうさぎの人形作りをしたが、
 顔に和紙を貼る段階で落として割ってしまった.
 なんとか修復中だが、さて顔はどう描こうか.
  
 午後のTVでは林家喜久翁が目を縦に黒く、
 鼻を逆三角に描いていたが、それでいこうか.
 

箸袋で折る鶴

鶴1
 きれいなでしょう.
 これは奉書紙を長く切った
 もので作っていますが、
 箸袋を縦に剥がした
 長い紙でも作れます.
 食事時の歓談時に作って
 みては どうでしょうか.
 
  作り方の概略 は ↓



  鶴2 鶴3
   赤線は紙の中央.赤の点線は一旦手前に折って折目をつける.
   赤の点線の位置は裏側が段差になっている所.
   最後は左右を手前に折って、両端を重ねて組入れる.

山野草

キセル
 ナンバンキセルという花が隣の市に咲いた
 という新聞記事を見て行ってみようと思って
 いるうちに時期を逃したが、絵手紙展と
 併設していた山野草展で見られて感激.
  南蛮煙管、なるほどと思った.
 キセルも最近は時代劇か落語でしか見れない
 ので、無賃乗車をキセルという意味を
 知らない人も増えていくことでしょう.

小春日和

たんぽぽ
 冬の嵐もすんで、昨日今日は無風の晴れ日.
 小春日和のような陽気は気持ちいい.
 教室前の広場にはタンポポが咲いていた.
 摘み取ってきて画材に借用.
 そろそろ年賀のあて名書きでも・・・

からすうりの実

烏瓜2
 
 烏瓜の実を戴いて飾っておいたら、
 緑の時の白い縦縞は赤く熟すと
 消えてなくなった.
 沖縄雀瓜の縞はなくならないのに.
  またひとつ発見だ.
 日本のシマは大丈夫だろうか.
 

 | ホーム |